トップB

トップA

人気のシカトル♪
▼▼▼▼▼▼▼

介護の仕事って無資格でもいいの?

介護施設で働くとなると資格がないと働いてはいけないのか?

と言われるとそうではありません。無資格で働いてらっしゃる方ももちろんいます。

ですが、有資格者と無資格者に差ってあるのでしょうか。

少しとりあげてみましょう。

 

仕事の差は「ほぼ」ない

介護の種類として身体介護と生活援助と分けられるのですが、

無資格でもどちらの仕事もすることはできます。

食事のお手伝い、おむつの取り換え、体を拭いてあげたりだとか、外出のお手伝いもといった身体介護もできますし、お洗濯や衣服を整頓、調理だってできます。これらは資格がなくてもできるんですね。

ただ、責任のあるポジションを任されないことや、待遇の差は少し出てきてしまいますけれどもね。

 

訪問介護は一人ではできない

訪問介護のような自宅に直接介護をしに行く形態をとる身体介護はどうしても無資格者だけでは行うことができなくなります。。

必ず一人、「介護職員初任者研修(元ホームヘルパー2級)」の資格者がつく必要があります。

ただ、一人その同伴者がいれば無資格者が身体介護をしても大丈夫なので、実際にする仕事に大きな差は発生しないですよ♪

 

ただ、やはり資格を持っているといいことは多いのですし、ステップアップにもつながりますので、本格的に介護職を考えたいという方は資格取得をオススメします。

人気のシカトル♪
▼▼▼▼▼▼▼

トップB

トップA

サブコンテンツ

このページの先頭へ