トップA

トップB

人気のシカトル♪
▼▼▼▼▼▼▼

介護職員初任者研修のカリキュラム

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へと遷移したことで、

「学ぶことって何か違いがあるの?」と考える方もいると思います。

そんな方のために簡単にまとめてみました。

 

●在宅介護中心のカリキュラムから、施設での介護を含めた研修内容の一元化

在宅の場合から施設での介護まで一度で学べるようになりました。

 

●講義と演習の一体化

今までは 講義 と 演習(実技) と分けられていたものが、

講義と演習をを一体化することで相互的に理解していくようなカリキュラム編成になりました。

 

●介護技術を習得するための時間の増加

ホームヘルパー2級にあった実地での実習の時間を取り払い、

こころとからだのしくみの生活支援技術という科目が75時間と大幅に取り入れられました。

(全体のカリキュラムの合計時間が130時間なので約半分もです!)

 

カリキュラムの変更に伴い、試験制度も導入され

講義を受ければ資格を得られるというわけにもいかなくなりました。

しかし、実地での実習がなくなったので、「時間がどうしても合わない…」

という方も資格が取りやすくなったのではないでしょうか。

費用については資料請求して比較検討してみるといいですよ♪

人気のシカトル♪
▼▼▼▼▼▼▼

トップA

トップB

サブコンテンツ

このページの先頭へ