トップA

トップB

人気のシカトル♪
▼▼▼▼▼▼▼

介護職員初任者研修 のテストの難易度

平成25年にホームヘルパーから 介護職員初任者研修 へと制度へと移行しました。

ホームヘルパー研修は受講を行い、受講が終われば研修終了の資格を取得することが可能でした。


介護職員初任者研修 に制度が移行して

それが 介護職員初任者研修 がスタートしたことで内容が大きく変わりました。

ホームヘルパー研修と比べると、施設での実習(30時間)が新しい介護職員初任者研修ではなくなり、演習により多くの重きをとっています。

実習がなくなったことによって、楽になったという声もあれば、演習による介護技術をしっかりやるので、技術は現場で働く前から身に着けられ、むしろ難易度は上がったという声もあります。


テストの実施について、その難易度

また、研修の最後には試験、テストが実施されるようになりました。

このテスト自体は一時間ちょっとのもので、研修を行う機関で独自に作成されて行われます。

この資格は民間の資格でもあり、試験という体裁はとっていますが、実際は授業の内容を一通り理解できているか程度のテストですね。

なので、テストの難易度自体はそこまで高くはないです。

とはいっても、ある程度の復習は必要になってくるので、しっかり勉強して、一通り確認をしてからテストに望んでくださいね。

人気のシカトル♪
▼▼▼▼▼▼▼

トップA

トップB

サブコンテンツ

このページの先頭へ